月別アーカイブ:2020年10月

いじめの法的問題

事故やいじめにおける学級担任と管理職の責任

2021/7/2  

 学校で児童・生徒に事故やいじめの問題が発生した場合に、学級担任や管理職が被害者である児童・生徒に対して、損害賠償責任を負うかどうかの問題を考える際のスタートは、これらの者の民事上の法的責任です。 ま ...

いじめの法的問題

いじめにおける学校設置者や学校の責任

2021/7/2  

 いじめに関して教員の法的責任(教員が故意又は過失によっていじめ被害者の権利又は法律上保護される利益を侵害したと認められる場合)がある場合、学校設置者である区市町村や学校法人がどのような責任を負うかが ...

no image

いじめの法的問題

いじめにおける加害者の保護者の責任

2021/4/11  

 学校でいじめが生じた場合、マスメディアの報道では、学校の責任の問題のみに焦点があてられて報道がされることが多いのですが、いじめの一次的な責任は、加害者とその親権者が負うべきものです。すなわち、いじめ ...

no image

いじめの法的問題

法的問題としてのいじめ

2021/4/11  

いじめについては、いじめ防止対策推進法(いじめ防止法)2条に定義がなされている意味をもとにして、重大性のレベルにより、3類型に分類することができます(最広義のいじめの定義)。 子どもが成長する過程で一 ...

no image

いじめの法的問題

いじめ防止対策推進法における学校の法的義務・責任(行政的な義務・責任と民事的な義務・責任)

2021/4/11  

いじめ防止対策推進法(「いじめ防止法」)におけるいじめの要件を整理すると、3要件を充足して「いじめ」となります。 (1)児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人間関 ...

no image

いじめの法的問題

いじめの定義・いじめの類型化

2021/4/11  

いじめ問題は、学校において大きな課題です。いじめ問題については、教育的観点から、また、法的観点からいじめを考えることが大切です。 まず、法律上の定義としては、いじめ防止対策推進法2条に定義がなされてい ...

スクールコンプライアンス

スクールコンプライアンスにおける親からの意見に関する正当性の有無の区分の基準

2021/7/2  

 現在、モンスターペアレレントが問題とされていますが、保護者から学校・教員に対する意見(要求・要望)がすべて問題である、また、不当である、としてしまうことはできません。保護者が子供のために真剣に考え、 ...

スクールコンプライアンス

狭義のスクールコンプライアンスにおけるモンスターペアレンツ問題

2021/7/3  

スクールコンプライアンス(広義)の課題のうち、児童・生徒・学生を対象とする問題に関わるコンプライアンスが、狭義のスクールコンプライアンスと言われています。この狭義のスクールコンプライアンスにおける課題 ...

スクールコンプライアンス

スクールロイヤーとは?

2021/7/3  

スクールロイヤーについて、まだ、明確な一般的な定義はありませんが、一応、学校で起こるいじめや保護者とのトラブル等を法的に解決する弁護士ととらえられているようです。ただ、この定義では、意味内容が明確であ ...

スクールコンプライアンス

公立学校でのコンプライアンス

2021/7/3  

広い意味での「コンプライアンス」は、法令、組織内規等に加えて、社会的規範や倫理(モラル、エシックス)を守ることも含むものです。このような意味のコンプライアンスについて、公立学校におけるコンプライアンス ...

© 2021 自治体スクールコンプライアンス研究所 Powered by AFFINGER5