月別アーカイブ:2021年04月

ハラスメントの法的問題

アカデミックハラスメントの類型

2021/7/3  

アカデミックハラスメントの起こる典型的な人間関係は、教員間および教員・学生等間です。アカデミックハラスメントの分類は、具体的に発生している事案を基にいくつかの分類がなされていますが、体系的な分類の検討 ...

ハラスメントの法的問題

アカデミックハラスメントの意義

2021/7/3  

アカデミックハラスメントについて、どのような意味であるかが問題ですが、アカデミックハラスメントについては、法律で定義がありません。 広い意味でのアカデミックハラスメントは、キャンパスハラスメントと同義 ...

ハラスメントの法的問題

キャンパスハラスメントの意義

2021/7/3  

まず、キャンパスハラスメントの意味については、大学キャンパスで起こるさまざまなハラスメントを包括する意味として使われることが多いようですが、キャンパスハラスメントの定義が明確でないことが指摘されていま ...

ハラスメントの法的問題

キャンパスハラスメントとスクールハラスメントの違い

2021/7/3  

小学校、中学校、および高校におけるスクールハラスメントと大学等におけるキャンパスハラスメントとの違いを考えることにします。 スクールハラスメントとキャンパスハラスメントの違いについて、あまり議論がされ ...

ハラスメントの法的問題

スクールハラスメント(学校ハラスメント)の意義

2021/7/3  

スクールハラスメント(学校ハラスメント)について、これは法律上の概念・用語ではありませんので、様々な意味で用いられています。 まずは、広い意味のスクールハラスメントとして、「学校等(主として、初等教育 ...

学則・校則の法的問題

校則には合理性が必要である

2021/7/3  

 学校が校則を制定できる権限を有するか否かについて、また、その権限の根拠は何であるかについては、研究者の間でさまざまな議論がありますが、法令上は、学校教育法の解釈の問題として、懲戒権の存在(学校教育法 ...

学則・校則の法的問題

なぜ、学校は校則を定めることができるのか

2021/7/2  

学校・学校設置者が定める規則(内部規定)で、生徒指導内規、教務内規などを含めて、各校の学校経営の基本的な事項等が記載されるもの(狭義の校則)があります。そして、狭義の校則の中で、生徒指導や生活指導に関 ...

学則・校則の法的問題

学則・校則の意味を考える

2021/7/2  

現在、守る理由がわからないような不合理な校則、また、児童・生徒の人格を傷つける合理性の乏しい校則である「ブラック校則」が問題とされています。頭髪や服装などについて一律に規定をするような校則について、人 ...

© 2021 自治体スクールコンプライアンス研究所 Powered by AFFINGER5