スクールコンプライアンス

スクールコンプライアンス

スクールコンプライアンスにおける親からの意見に関する正当性の有無の区分の基準

2021/7/2  

 現在、モンスターペアレレントが問題とされていますが、保護者から学校・教員に対する意見(要求・要望)がすべて問題である、また、不当である、としてしまうことはできません。保護者が子供のために真剣に考え、 ...

スクールコンプライアンス

狭義のスクールコンプライアンスにおけるモンスターペアレンツ問題

2021/7/3  

スクールコンプライアンス(広義)の課題のうち、児童・生徒・学生を対象とする問題に関わるコンプライアンスが、狭義のスクールコンプライアンスと言われています。この狭義のスクールコンプライアンスにおける課題 ...

スクールコンプライアンス

スクールロイヤーとは?

2021/7/3  

スクールロイヤーについて、まだ、明確な一般的な定義はありませんが、一応、学校で起こるいじめや保護者とのトラブル等を法的に解決する弁護士ととらえられているようです。ただ、この定義では、意味内容が明確であ ...

スクールコンプライアンス

公立学校でのコンプライアンス

2021/7/3  

広い意味での「コンプライアンス」は、法令、組織内規等に加えて、社会的規範や倫理(モラル、エシックス)を守ることも含むものです。このような意味のコンプライアンスについて、公立学校におけるコンプライアンス ...

スクールコンプライアンス

広義のスクールコンプライアンスと狭義のスクールコンプライアンス

2021/7/3  

広義のスクールコンプライアンス 近時、学校・教育現場でのコンプライアンスが問題となってきており、このコンプライアンス問題を「スクールコンプライアンス」と呼んでいます。 このスクールコンプライアンスの意 ...

スクールコンプライアンス

法化社会における「学校教育の法化現象」と「スクールコンプライアンス」

2021/7/3  

学校教育の法化現象 近時、社会全体が法化社会となってきています。この法化社会の動きが、学校・教育現場に押し寄せています。このすくような動きは、「学校教育の法化現象」といわれています。法化社会の中で、企 ...

© 2021 自治体スクールコンプライアンス研究所 Powered by AFFINGER5